メンター制度導入サポート

メンター制度とは

メンター制度とはメンタリングを組織や企業に取り入れ、定期的にメンタリングを実施することでメンティを支援する仕組みです。
メンターには自社の社員を任命することが一般的ですが、社外のプロメンターに依頼することも可能です。

「大卒新入社員3年後離職率は30%超の時代」を乗り切る

一部の組織・企業を除いて人材の確保が難しい時代となりました。
さらに新入社員も入社3年後には30%以上が離職しているというデータもあり、人材採用・定着率の向上は組織・企業の死活問題になりつつあります。
メンター制度の導入は新入社員にとどまらず社員の定着率の向上にも効果があると期待されています。

メンター制度導入の効果

  • 新入社員の早期離職を防止できる
  • 社員の職場定着率が向上する
  • 女性管理職の育成などが可能になる
  • 優秀な学生や人材の募集・確保が可能になる
  • 社内全体のコミュニケーションが活発化する
  • 顧客との信頼関係構築スキルが身に着く
  • 厚生労働省「人材確保等支援助成金」の活用

    メンター制度の導入によって一定の成果(離職率の低下)を達成できた場合、厚生労働省「人材確保等支援助成金(雇用管理制度助成コース)」の利用【達成助成金57万円(生産性要件を満たした場合は72万円)】が可能です。

    ※平成30年度から導入助成金10万円は廃止されました。

    関連する公開講座

    メンター制度導入説明会

    詳細を確認する

    メンタリグを企業に導入するメンター制度の解説と、制度導入時に注意すべきポイント、成功例・失敗例を解説します。
    また、模擬メンタリグを体験することでメンタリグの有効性を確認することができます。

    社内メンター養成セミナー

    詳細を確認する

    メンターに任命された方が正しいメンタリングスキルを身に着けるためのセミナーです。
    メンター・メンティのペアが決定している場合ペアで参加することも可能です。

    メンタリング支援ツール

    メンタリングには信頼関係が必須です。
    メンタリング支援ツール「MENTORING to GROWTH」では全8回のメンタリングを実施するたびに信頼関係が構築されるようにプログラムされています。

    詳細を確認する
    Copyright(c) 2019 MENTOR Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com